Coach

会長のご挨拶・指導者紹介

会長のご挨拶

指導者紹介

会長のご挨拶

Photo

ご挨拶

柔道は“礼”に始まり“礼”に終わるスポーツです。試合では勝っても負けてもお互いをたたえ合う競技です。
最近子供だけでなく、大人もあいさつができない人たちが増えています。
柔道を学ぶ子供たちだけでもしっかりとしたあいさつのできるように育てたいと思っています。


指導者紹介

@氏名 A生年月日 B身長 C体重 D出身地 E出身校 F得意技 G尊敬する人 H座右の銘 I子供に学んで貰いたい事 J自分自身が柔道の向上のためにした努力は? K自分は昔どんな子供だったか?

  • Photo
    小山 宏美 - Koyama Hiromi -
    AS18.12.09 B170cm C75kg Dさいたま市 E東京高等鍼灸学校 柔整科 F今は無し G自分以外の人 H得をするな I素直に何事も吸収してほしい J他人の10倍の練習を目標とした。 K何も出来ない小さな身体の子供だった。柔道を通して自己主張が出来るようになった。
  • Photo
    岩崎 敏夫 - Iwasaki Toshio -
    AS25.01.02 B178cm C98kg Dさいたま市岩槻区 E埼玉県立岩槻商業高校 F内股・払腰・跳腰 G???(回答なし) H『継続は力なり』 指導方針…やってみせ 言って聞かせて、させてみて、褒めてあげねば、子ども動かず。 I柔道を通じて、●礼儀作法を身につける●幅広い友だちづくり●強い心・体をつくる J人の2倍、3倍の練習をした。引き手が弱かった為、自転車のチューブを木にくくりつけ毎日引いた。(練習は、ウソをつかない) K小学校低学年の頃は、臆病で何事にも引っ込み思案でした。高校生になり、県でも頭角を現わし、国体代表に選ばれてから自信がつき、人の先に立って行動するようになりました。又、正義感も強くなり、周囲からは悪事が起こらないよう努めました。自分の柔道人生を後輩に継承すべくがんばっています。
  • Photo
    岩崎 英男 - Iwasaki Hideo -
    AS45.03.15 B174cm C83kg Dさいたま市岩槻区 E城北中→岩槻高校 F大外刈り G山下康裕 Hまだ食える・まだ飲める I柔道を通して礼節を!! J稽古前のイメージトレーニング、筋トレ K小学生/いじめっ子、中学生/デブ、高校生/筋肉マン…先輩に鍛えられました!(泣)・(涙)
  • Photo
    賀持 裕史 - Kamochi Hiroshi -
    AS43.02.02 B178cm C90kg D埼玉県蕨市 E岩槻高校→東北柔道専門学校 F内股 G両親 HTHINK I勉強でもスポーツでもひとつでもいいので一所懸命になれるものを持って欲しい! Jただ練習あるのみ。 K自分に出来ないことがあるのが嫌で、何でも出来るようになるまでこだわる性格でした。(ただの負けず嫌いなんですかねっ!?)
  • Photo
    今井 吾郎 - Imai Goro -
    A1978.06.28 B180.5cm C93kg D栃木県 E中央大学
    F内股 G???(考え中) H努力と勇気は勝利への第一条件である。 I柔道の厳しさと楽しさ(勝つことの難しさと勝ったときの喜び) J他の人と同じ内容をやっていても向上しないので、練習後や休みの日にトレーニング等をした。 K器用ではなかったので反復練習をすることにより自分の苦手な部分をカバーした。 そのことにより、自分に自信を持てるようになった。
  • Photo
    高島 豊昭 - Takashima Toyoaki -
    A1980.09.12 B178cm C92kg D長野県 E流通経済大学 F背負い投げ・寝技 G両親・これまで関わった先生方 H安全運転 I今井先生の右釣手の使い方(笑)・親への感謝の気持ち Jライバルをつくり、常にライバル以上の練習をしました。 K超目立ちたがり屋!いつもカッコイイガッツポーズを研究していました。
  • Photo
    田崎 智志 - Tazaki Satoshi -
    AS46.09.01 B170cm C70kg D埼玉県 E中央工学校 F背負い投げ G嫁の両親 H聞く謝るは己を育成する。 I1つの事に集中できる術を身に付けてもらいたい。 J体が小さかったため相手の体に入り込む練習。 K手の施し様のない悪ガキでした。(涙)柔道を通じて多くの方に出会うことができ、今でも日々成長させていただいています。

ページのトップへ戻る

岩槻双葉会 - Webサイトのご利用について -

掲載の写真は、当、岩槻双葉会に帰属しますので画像の無断転載を禁じます。記事・情報についても同様です。